たまねぎで元気モリモリ 知っておきたい健康知識

知っておきたい健康知識
知っておきたい健康知識 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康の基礎 > たまねぎで元気モリモリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

たまねぎで元気モリモリ

たまねぎは、中央アジアを原産とするユリ科の野菜です。
ローマ時代には精力剤としても用いられていたそうで、日本では明治時代以降に栽培が始まりました。

たまねぎを切ったときに涙を出させる物質は、「硫化アリル」という物質です。
炒めると、「プロピルメルカプタン」という甘み成分に変化します。
じっくりと火を通したたまねぎが甘くなるのは、このためです。

たまねぎには、いくつかの品種があります。
黄たまねぎ...最も多く流通しているたまねぎで、皮が黄色いのが特徴。
赤たまねぎ...紫たまねぎとも呼ばれ、黄たまねぎよりも辛味が少なく、サラダに用いられる。
小たまねぎ...ペコロスとも呼ばれる直径4センチほどのたまねぎで、シチューやピクルスに使われることが多い。
葉たまねぎ...春先だけ流通するたまねぎで、葉はねぎと同じように用いられる。

生でも、焼いても、煮ても楽しめるたまねぎは、食卓に欠かせない野菜のひとつです。

2011年02月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。