インフルエンザを予防する栄養素 知っておきたい健康知識

知っておきたい健康知識
知っておきたい健康知識 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康の基礎 > インフルエンザを予防する栄養素

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

インフルエンザを予防する栄養素

インフルエンザの予防には、さまざまな栄養素が必要となってきます。

まず、ビタミンAは喉や鼻の粘膜を正常に保つ働きをもっていて、ウイルスが身体の中へ進入するのを防ぐ効果があるのです。
卵、牛乳、レバー、ウナギ、小松菜などにビタミンAは多く含まれています。

免疫力を高める効果はビタミンCがもっています。
さらにビタミンCには、インターフェロンを生成するのを促す効果ももっています。
インターフェロンとは、ウイルス感染や増殖などを阻止してくれる効果があるのです。
パセリ、ブロッコリ、イチゴ、みかんなどの食物にビタミンCが多く含まれています。

ほかに、鼻や喉の粘膜を正常に保つ働きをしてくれるビタミンAを身体に留めてくれる働きを、亜鉛がしてくれます。
亜鉛は免疫細胞をも活性化してくれる役割も果たしています。
牡蠣、チーズ、牛モモ肉、大豆製品、豚や鳥レバー、ナッツ類などの食物に亜鉛は多く含まれています。

2011年01月22日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。