膀胱炎という病気 知っておきたい健康知識

知っておきたい健康知識
知っておきたい健康知識 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 病気関連 > 膀胱炎という病気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

膀胱炎という病気

膀胱炎は良く聞く病名だと思います。
では膀胱炎というのは、どのような病気なのでしょうか。

膀胱炎という病気は、尿道口から大腸菌などの細菌が膀胱の中に入り炎症を起こしてしまう病気です。
しかし、健康な人の尿道に細菌が入ったとしても、膀胱炎を発症しないこともあります。
免疫力が低下していたり、疲労が溜まっていたりして、身体の抵抗力が低下している時に膀胱炎を発症する可能性が高まります。

膀胱炎の症状としては、主なものにトイレが近くなる症状、つまり頻尿や排尿のときの痛み、尿の色が濁ってしまうなどがあります。
ですので、このような症状が心当たりがあれば、必ず病院で専門の医師に診てもらった方がいいですね。
膀胱炎をそのままにしておくと、腎盂腎炎という膀胱炎よりも重い病気になってしまうこともありますので。

2010年12月17日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。