腎性貧血と治療 知っておきたい健康知識

知っておきたい健康知識
知っておきたい健康知識 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 病気関連 > 腎性貧血と治療

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

腎性貧血と治療

腎臓機能の低下が原因となる貧血を、腎性貧血と呼びます。
腎臓からのホルモンであるエリスロポエチンが分泌されなくなることで、赤血球が生成されなくなってしまう病気です。

腎性貧血は、慢性腎不全と関わり深い病気であり、慢性腎不全の患者は確実と言っても良いくらいの確率で腎性貧血も併発します。
その際、透析治療を行なうと血液が必要となる為、さらに腎性貧血を促進させやすくなることが知られています。

腎性貧血の特徴では、息切れ、動悸、めまい、食欲不振、顔色が青白い、常に疲労を感じる、などが代表的です。
また、場合によってはむくみがあらわれる場合もあり、一般的な貧血よりも症状の種類は多いです。

腎性貧血の治療法ですが、腎臓で分泌されなくなったエリスロポエチンの投与で補うことで改善されます。
これは、通常の貧血とは異なる、腎臓疾患ならではの治療法のひとつですね。

その後は、通常の貧血症状と同じく、鉄分の補給や食事療法などにより、症状を安定させていきます。

基本的には、これらの治療法で改善をはかりつつ、場合によっては輸血を行ないます。
ただ、輸血という方法に関しては、余り得策ではないので、必要性がなければ避けるのが一般的です。

2010年11月30日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。