ヒアルロン酸の保水効果 知っておきたい健康知識

知っておきたい健康知識
知っておきたい健康知識 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 医学知識 > ヒアルロン酸の保水効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ヒアルロン酸の保水効果

ヒアルロン酸とは、人間の体の中の細胞と細胞の間にあって、
細胞同士をくっつけたり、
外部からの衝撃を吸収する成分のことです。

このヒアルロン酸は保水性が高く、
水を吸収すると粘り気が出てきて、
体の機能の調子を整え、健康を維持します。

また肌を綺麗にする効果もあり、美容の面でも大切な成分です。

もし、ヒアルロン酸が足りなくなると、
肌にハリが無くなるだけでなく、関節が痛くなったり、
眼が乾燥してしまうなどの症状が起ります。

しかも、美容にも効果があるということで、
化粧品の成分として注目されています。

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類仲間で、
ヒアルロン酸自体の約6000倍の水分を、保有する機能があります。

これは、ヒアルロン酸1gで、約6ℓの水を貯えることができるのです。

このヒアルロン酸と同様の機能があるものに、
コンドロイチンがあります。
このコンドロイチンも保水力が高いのですが、
ヒアルロン酸にはかなわないのです。

2010年09月22日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。