太陽の光とセロトニンの関係 知っておきたい健康知識

知っておきたい健康知識
知っておきたい健康知識 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康の基礎 > 太陽の光とセロトニンの関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

太陽の光とセロトニンの関係

天気のいい日は、気分がいいものですが、
実際に、太陽の光は気分を良くする働きがあるのです。
太陽の光が、目の奥の網膜に当たると、
それが信号となって脳に伝わって、
脳内でセロトニンと呼ばれる物質を出します。

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の一つで、
気分の調節をする物質ですが、
冬になると、日照時間が短くなって、
夏に比べると、昼間の時間は3割ほど短くなり、
脳内のセロトニン量が不足してしまいます。

その為、疲れやすくなったり、イライラしやすくなっったり、
といった症状がでます。

睡眠や炭水化物の摂取は、脳内のセロトニンを増加させるので、
セロトニンが不足しやすくなるこの季節は、
以前よりも、甘いものが食べたくなったり、
長時間眠りたいといったことになりやすいのです。

日照時間の影響には個人差がありますが、
できるだけ、外に出て、太陽の光を浴びるようにしましょう。

2010年09月14日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。