知っておきたい健康知識 神戸に暮らす健康オタクのブログです。

知っておきたい健康知識
知っておきたい健康知識

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

オムライスはかなり高カロリーな料理

オムライスはかなり高カロリーな料理と言えます。
作り方でも出張マッサージ 目黒のように大きく変化しますが、一般的なオムライスのカロリーは、700~800kcalくらいになります。

お店で食べるオムライスだと、色々と凝っているため、さらにカロリーが高いこともあります。
バターをたっぷり使っていて、デミグラスソースがかかったオムライスならば、1000kcal近くになることもあります。

ダイエット中、避けるべきカロリー量だと言えます。
しかし、オムライスが大好きでどうしても食べたくなった場合、我慢するのもストレスがたまるので、少し工夫して食べてみましょう。

まずは、デミグラスソースではなく、ケチャップがかかったオムライスにします。
キノコ類を入れたりすることで、具材を増やしてご飯の量を減らすようにします。
使う卵やバターの量を少なめにします。
それら東京 マッサージのような工夫で、その分カロリーを抑えることもできます。
作り方しだいでは、600kcalぐらいまで抑えることも可能です。

スポンサーサイト

2010年12月14日 トラックバック(-) コメント(-)

お好み焼きのカロリー

先にもんじゃ焼きのカロリーのことを書きましたが、今回はお好み焼きです。

よくある感じの18cmぐらいのお好み焼き(豚玉)のカロリーは、約500kcalです。
(材料としては小麦粉(薄力粉)41g、やまといも4g、かつおだし50g、てんぷら粉2g、サラダ油 8g、たまご1個、豚肉40g、キャベツ100g、長ネギ3g、ソース40g、かつお節1.5g、あおのり0.5g)

それなりにカロリーがありますね。
しかし、関西人でない限りお好み焼きは、基本単体で食べられますね。
他に何かおかずを食べたりはあんまりしない食べ物です。
すると1食で500kcalですから、それほど高カロリーな食事ではないかもしれません。

それにお好み焼きのいいところは、キャベツが大量に使われているところです。
お好み焼き1枚で、1日に食べるべき野菜の約半分を食べられるそうですよ。

キャベツには、豊富に食物繊維が含まれています。
食物繊維には、便秘解消や、お腹で膨らんで満腹感を与えてくれたり、脂肪の吸収を抑えたりとダイエットに嬉しい効果があります。

全体のカロリーを考えて食べれば、お腹も膨れるし、意外なダイエットの味方かもしれません。

2010年11月29日 トラックバック(-) コメント(-)

もつはダイエットの味方か

焼肉や鍋、煮込みなどで食べるもつ。
ホルモンの一種であるもつは、牛の他の肉と比べてどれくらいのカロリーがあるのでしょうか。

まず、もつ100gあたりのカロリーは、150kcalです。
それに対して、タンは260kcal、ハラミは340kcal、カルビは460kcalです。

予想通りと言いますか、やはりホルモンだけあって、もつは牛肉の中では低カロリーになります。

もつは食べてみると柔らかくて脂身のような食感がします。
しかし、それは脂身だけではなく、コラーゲンの食感でもあるんです。

低カロリーで、コラーゲンもたっぷり含まれているとなれば、もつ鍋などが女性に人気なのも良くわかります。
ダイエットと美肌に興味のある方には、有益な食べ物かもしれません。
しかし、もつ鍋やもつ煮込みを食べる時は、汁には脂分が溶け出ています。
あまり飲まない方が、ダイエット的には良いと思いますよ。

2010年11月24日 トラックバック(-) コメント(-)

フルーツジュースを飲むなら

ダイエット中は甘みや栄養補給としてフルーツのジュースにお世話になることも多いです。
しかし、これにも当然カロリーがあります。
そして、果物の種類によって、ジュースのカロリーもまた変わってきます。

フルーツで有名なDoleの200ml紙パックのジュースで、フルーツジュースのカロリーを比較してみましょう。

フルーツジュース200mlのカロリー

・アップル 91kcal
・ピーチフルーツミックス 92kcal
・オレンジ 96kcal
・パイナップル 103kcal
・グレープ(ブドウ) 105kcal
・グレープフルーツ 77kcal

ブドウやパイナップルのジュースは、ややカロリーが高めとなりますね。
それほど大きな差はありませんが。

しかし、グレープフルーツジュースは特筆すべきでしょう。
この中で最も低カロリーですし、グレープフルーツといえば、豊富に含まれるクエン酸にダイエット効果も期待できます。
成分的にも、カロリー的にも、グレープフルーツがベストな選択かと思います。

images.jpg

2010年11月17日 トラックバック(-) コメント(-)

ベーグルの利点

ベーグルは、小麦粉の生地をひも状にのばした両端をあわせて輪の形にし、茹でた後に焼いて作られるパンです。
外側はカリッと焼き上げられて、内側は柔らかくてもっちりとした歯触りで人気のパンです。
もとの水分量が少ないので、冷凍保存なら家庭用の冷蔵庫でも1ヶ月くらい保存できるのも良いところですよね。

そんなベーグルはプレーンだと100gあたり約280kcalのカロリーがあります。
大きさにもよるのですが1個あたりだと約200kcalくらいですね。
これに具をはさむと、なにを挟むかにもよりますが、250kcal~300kcalくらいになります。

パンとしては決して低カロリーではありませんが、ベーグルは他のパンと違って、卵やバターを使っていないので、低脂肪でノンコレステロールという利点があります。

そして、ここでベーグルを取り上げた最大のポイントは腹持ちがいいというところです。
しかも噛み応えがあるので、咀嚼効果での満腹感も得られますね。

朝食や昼食にベーグルを食べることで、無駄な間食をしないで済むかもしれません。

Bagel.jpg

2010年11月12日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。